一年中わくわくしていたい

一年中わくわくしてた (ロアルド・ダールコレクション 20)

ロアルド ダール / 評論社


今年最初の一冊はこれでした。

ロアルド・ダールの著書としては「チョコレート工場の秘密」が一番お馴染みでしょうか。

昨年秋に書店で目にしてタイトルと装丁に魅かれて購入。でもなんだか新年に読みたい気がしてそのまま本棚に置いてあったこの本。著者が「人生最後の年に書いた」という、1年各月にまつわる自身の思い出を綴るエッセイです。

イギリスと日本では自然の営みも人々の営みも異なりますが、季節の移り変わりを楽しみ、暮らしの中のささやかな出来事にわくわくする幼少時代の著者の姿に、自分のそれを思い出しました。

30年後の私は、きっと今の私を同じように切なく懐かしく思い出すのでしょうね。そう思うと、今現在のこの毎日は、なんと貴重で愛おしい日々なのでしょう!
そう、毎日は本当に数えきれないほどの「わくわく」であふれているのでした。

実は今年はなぜか年明けから根拠もなく本当にわくわくしている私。
この気持ちを忘れずに、年末には「一年中わくわくしてた」今年を振り返りたいものです。
[PR]
トラックバックURL : http://osorae.exblog.jp/tb/11928599
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by osorae | 2010-01-08 23:59 | 私の読書日記 | Trackback | Comments(0)

私(りか)と夫よーへーさん、娘のそらちん&おはるの四人家族。そのどうってことのない日々のあれこれ。


by osorae
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30