「冷えとり」実践中

とくに大きな不調があるわけではないんですが、昨年夏あたりから身体の冷えを感じてました。年齢的なものもあるのでしょうか、代謝、血の巡りが悪くなっているような。。。

そこでこの冬、実践しているのが靴下の4枚重ね履き!

以前妊娠中に読んだタレント渡辺満里奈さんの著書

これが私の十月十日 妊婦道

渡辺満里奈 / ソニー・マガジンズ


で紹介されていた有限会社「うさぎの会」の冷えとり靴下を昨年末に購入しました(現在、注文から発送までに1ヶ月前後かかるようです)。

自宅にいるとき、夜寝るときは、絹、綿、絹、綿と交互に4枚。
外出時は靴が履けなくなるので、絹、綿の2枚(本当はワンサイズ大きな靴を買い、外出時も4枚重ねがいいようですが)。

絹には汗と一緒に出る身体の毒素を排出してくれる作用があるそうで、身体に直接触れるものは絹が一番良いそうです。

「冷えとり健康法」はここのところ結構ブームのようですが、私が読んでとても参考になったのは

ずぼらな青木さんの冷えとり毎日

青木 美詠子 / メディアファクトリー


(この本も図書館に予約して2ヶ月待ちでした。)
著者の青木さんが体調を崩して休職を余儀なくされたのをきかっけに、健康になるためにあらゆる方法を試してたどり着いた「冷えとり」について、簡単に楽しく教えてくれます。青木さんも「うさぎの会」の冷えとり靴下愛用者でした。

靴下重ね履き以外にも、身体を冷やさない食べ物、お風呂の入り方、ストレッチ法などが紹介されていて参考になりました。

靴下重ね履きの効果のほどはまだわかりませんが、確かに早朝(今も)暖房のない部屋にいても足がぽかぽか温かいのでそれほど寒くありません。夜もぐっすり眠れる気がします。外出時はもう2枚重ねでないと寒くていやな感じです。

その他、私が気をつけているのは食べ物、飲み物。

コーヒーを少しひかえようと思ったのも身体が冷える気がしてきたからです。ビールも家で飲むのはやめました(これは単に寒くなったからワインになったというだけか(笑))。
それから、冷えとは少し違うかもしれませんが、白いパン。これについては改めて書こうかと思っていたのですが、11月に1ヶ月意識的にパン断ちをしたところ、体調が良くなったのはもちろん、出産後悩まされていた手湿疹がすっかり完治しました。

今は早朝の飲み物をコーヒーから白湯かハーブティーにかえています(朝食のときはコーヒーを1杯飲みます)。白湯には金時しょうがの粉末(最近いろいろなメーカーのものが売られています)と身体を温めるというくこの実を入れています。

最近、子どもや男性にも低体温の人が増えているそうです。
かくいうそらちんは平熱が35℃台ですし、よーへーさんも以前から冷え性の自覚あり(昨日、よーへーさんも絹靴下注文しました。うさぎの会では子供用も扱っていますが、まだ大きすぎるのでいずれ購入しようかと考えています。)

体温が低いと基礎代謝量も落ちて太りやすくなるというだけでなく、免疫力も低下するらしいので、冷えとり実践を家族ぐるみで続けたいと思います。
[PR]
トラックバックURL : http://osorae.exblog.jp/tb/12019271
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by osorae | 2010-01-27 04:42 | 私の読書日記 | Trackback | Comments(0)

私(りか)と夫よーへーさん、娘のそらちん&おはるの四人家族。そのどうってことのない日々のあれこれ。


by osorae
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30