5月の絵本

★★★ 何度も繰り返し「読んで!」そのうち「自分で(読む)!」そして「また借りる〜」。
★★☆ 好き!夜寝る前の1冊には必ず入る。
★☆☆ うん、面白かった!
☆☆☆ ふ〜ん(その後リクエストなし)。

ナガナガくん

シド ホフ / 徳間書店

そらちん★★★ わたし★★★
なが〜いダックスフントのナガナガくんと優しい飼い主のおばさんのお話。お互いを思いやる気持ちに溢れているのが素敵。

バ-バパパのアフリカいき (バーバパパのちいさなおはなし)

アネット・チゾン / 講談社


バーバパパのがっこう (講談社のバーバパパえほん)

A・チゾン / 講談社


バ-バパパのジュ-スづくり (バーバパパのちいさなおはなし)

アネット・チゾン / 講談社


そらちん★★★ わたし★★★
私が子どもの頃(といっても中学生になってたかも??)、大好きだったTVアニメの「バーバパパ」。絵本を見つけて懐かしくて借りてきたところ、そらちんも気に入ってくれて二人で楽しんでます。先日、DVDも借りてきました。

コリゴリゴリタとはとはぐきさん

ミミィとミーヤン / 文溪堂

そらちん★★☆ わたし★☆☆
歯みがきしなかったゴリタのお口から「きたないお口はいやだいやだ」と歯と歯ぐきさんが逃げ出してしまうお話。分かりやすいけど、絵本としては・・・。特によーへーさんには不評でした。

ノンタン テッテケむしむし (すきすきノンタンシリーズ)

キヨノ サチコ / 偕成社

そらちん★☆☆ わたし☆☆☆
う〜ん。

きょうりゅうたちがかぜひいた (世界の絵本コレクション)

ジェイン ヨーレン / 小峰書店


そらちん★★★ わたし★★★
おっきなきょうりゅうたちが子供部屋でだだこねたり、お医者さんに行くのをいやがったり。あり得ない設定とリアルに描かれた絵。なんだか私はすごく好きです、この絵本。「なんでも かんでも やだもん やだもんの わからんちんになる?」にそらちんは共感したようです。

そして、今月私が読んだ唯一の児童文学。

点子ちゃんとアントン (岩波少年文庫)

エーリヒ ケストナー / 岩波書店


賢くて好奇心旺盛で想像力に富んだお金持ちの点子ちゃんと勤勉で誠実な貧しい家庭の子、アントンのお話。子どもたちの優しさ賢さ勇敢さに、これから子ども時代を過ごすそらちんがちょとうらやましい気分になりました。

ちなみに、図書館にあったのは文庫ではなくて昭和41年発行(第三刷)のケストナー少年文学全集の第3巻。装丁、手に取った感じ、印刷された活字の雰囲気。私が子どもだった頃に図書館で借りては読んでいた本たちを思い出しました。6月もケストナーを読もうと思います。
[PR]
トラックバックURL : http://osorae.exblog.jp/tb/12685793
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by osorae | 2010-06-01 23:59 | 絵本の記録 | Trackback | Comments(0)

私(りか)と夫よーへーさん、娘のそらちん&おはるの四人家族。そのどうってことのない日々のあれこれ。


by osorae
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31