「そもそも」のところの確認。

2011年10月1日に記す。

そらちん出産後9ヶ月で再就職し、何かと悩みや迷いはありつつも、充実した日々でした。しかし、仕事の都合、子どもの状態、自分の気持ち、それぞれの狭間で葛藤が生じることも多く、昨年おはるの妊娠がわかって以来、私にとっても家族にとってもよりよい暮らしのカタチ、働き方のカタチを積極的につくっていきたい、という思いが強くなりました。


かつての私は弁護士になりたかったのでした。

では、そもそも、なんで弁護士だったのか。

闘いたかったんです。

窮屈な古い価値観とか
偏見と無知に基づく無意味なしくみとか
弱い存在が声もあげられない状況とか
特に社会に出てから見えて来た様々な理不尽

怒りの対象が山ほどあって
どう闘ってやろうかと考えたときに
頭に浮かんだのは法律を武器に、という正統法。
で、だったら弁護士だ、と。
ある意味、ナイーブな決断で。

就職して2年後、思い立って司法試験の受験勉強を開始。99年の初受験以来、制度変更で従来の試験が終了した昨年2010年まで、合計12回の受験。

この12年、転職、転居、海外生活、そして、そらちんとおはるの誕生などなど、いろいろあったけれど

やはり忘れられないのは
変わらないのは「闘いたい」と思ったあの気持ち。

だったら私の出来る範囲で闘っていこう。
闘っていくことにエネルギーを注ごう。
弁護士でなくてもできることはたくさんあるはず。
昨年の不合格を受けて、前向きな決意とともにすっきりと区切りをつけました。

そして

この12年間に私の中で大きく変わったことは
「働くこと」「仕事」の意味と位置づけ、実現したいことの優先順位。

基本、私は「食うために働く」。
少なくとも自分の食いぶちは自分で稼ぎたいので、働かないという選択はない。
そのうえで社会貢献のための「仕事」がしたい。

まずはどんな仕事でもいい、働いて稼ぐ。そして少しずつ私も家族も納得できてハッピーでいられる、最善な働き方のかたちを作り上げよう。更にそれが「仕事」につながったら最高。

このスタンスで、自分のこれまで経験、持っているもの、これからできそうなこと、いろいろ棚卸ししているうち、私の中で思いがけずクローズアップされてきたのが行政書士。2006年についでに受験し運良く合格したものの放置していた資格でした。

だって、行政書士になりたかったわけではなかったから。
「弁護士になれなかったら行政書士」とは考えてもいなかったから。
私の中で、その選択は「負け」「妥協」だった。

でも改めて考える。

そらちん、おはるが小さいうちは、育児優先の生活がしたい。
個人開業ならば自宅でも仕事ができる。
仕事量も時間もある程度融通をきかせることもできる。

そして、そもそも、なんで弁護士になりたかったのか、をもう一度思い出す。

敷居のひく〜い弁護士になって、本当に困っている人たちを助けたい。
そこまで追いつめられる前に、きら〜くに相談できる場所をつくる。
辛い思いを吐き出せる場所。
法律問題じゃなくても「誰に相談したら良いの??」ということを何でも話せる場所。
そして、声をあげたくてもあげられない人の代わりに、声をあげて闘うのだ!と。

行政書士だって法律の専門家。
弁護士よりも、もっときら〜くに相談できる場所にすればいい。
法律上の争いごとには手を出せないけど、それを未然に防ぐ働きはできる。
研鑽を積んでプロフェッショナルになれば、十分に社会貢献もなし得る。
業務範囲も広く、私が闘いたかった分野でも闘える。

でもでも、稼げるのか??

すぐにはお金にならなくても、稼げないうちは兼業でほかになんでもするつもり。二足でも三足でもわらじを履いて働く覚悟はある。



というわけで、

まだまだ試行錯誤状態。

個人事務所でやっていくのがベストなのか、どこか組織に所属するのか、もっと他のカタチがあるのか、今後についても未確定。

種蒔きどころか土壌を耕しはじめた段階ですが

目の前のことを、ひとつずつ、焦らず、誠実に。

弁護士にはなれなかったけれど
いつか
何かひとつでも
たとえ小さくても
よい「仕事」ができたと自負できるようになりたい。

そんな感じで。

以上、スタート地点での立ち位置の確認でした。
[PR]
トラックバックURL : http://osorae.exblog.jp/tb/15700883
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by osorae | 2011-10-01 23:50 | | Trackback | Comments(0)

私(りか)と夫よーへーさん、娘のそらちん&おはるの四人家族。そのどうってことのない日々のあれこれ。


by osorae
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31