インドの子どもたちのために@AWEP

最近は毎週水曜日にたかとりコミュニティーセンターにある「アジア女性自立プロジェクト」に(AWEP)「子連れ出勤」しています。

ボランティアスタッフとして、主に外国人女性のための生活相談事業をお手伝いしていますが、現在は3月に開催するDV被害者支援講座とフィリピン人コミュニティーの実態調査の準備を進めているところです。

昨日15日は、作業の合間に、AWEPのスタッフまきまきさんのご友人、HERBAL YOGA研究所の三原幸恵さんのお話会に参加させて頂きました。

三原幸恵さんは、4年ほど前からインドのヨガの聖地リシケシと日本を行き来され、昨年末からはリシケシにあるギータアシュラムが運営する小学校の支援を始められたそうです。その援助資金を募るためにチャリティヨガ活動をされています。

今回、まきまきさんがたかとりコミュニティセンターにて1ヶ月限定でのチャリティーヨガクラスを企画してくださいました。そしてヨガクラス第1回目のこの日、チャリティ先のギータアシュラムの子どもたちのお話しを聞かせていただく機会も作ってくださいました。

お話会は、幸恵さん手作りのさつま芋、リンゴのお菓子とどくだみ茶を頂きながら。お菓子は甘酒の優しい甘みとインドのハーブの香り。一緒に参加したおはるに半分以上食べられてしまいました。
e0111365_949199.jpg
(奥が三原幸恵さん)

インドは、私はまだ行ったことのない、でも死ぬまでに一度は行くであろうと確信している国。アシュラムの子どもたちの写真を見ながら、彼らのおかれている貧しく過酷な状況に胸が痛んだり、彼らに心を寄せる人々の行いに感動したりと、気持ちはあっちこっち忙しかったのですが、とてもいい時間でした。

中でも「欧米そして日本の近年のヨガブームの影響で、ヨガの聖地リシケシもヨガがビジネス化して本来のヨガの精神が失われてきているところもある」というお話には、日本の恵まれた環境下でヨガの素晴らしさを享受しているひとりとして考えさせられました。

幸恵さんは現在チャリティヨガの開催できるところを募集されています。詳細はHEARBALYOGA研究所ブログをご覧下さい。→
http://plaza.rakuten.co.jp/1154ukiwacyan/diary/201201200001/

まきまきさんがご自身のブログでこのお話会の内容をより詳しく紹介されています→ http://ameblo.jp/letterfromwind/entry-11165995515.html
[PR]
トラックバックURL : http://osorae.exblog.jp/tb/17378951
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まきまきさん at 2012-02-16 21:01 x
昨日はご参加ありがとうございました♪
私も死ぬまでにインド行く!
リシケシも行く!
お茶の時間に
こういう企画をまたできたらいいな・・・と思っています。
また参加してくださいね☆
Commented by osorae at 2012-02-17 10:28
>まきまきさん
こちらこそ、ありがとうございました。
インド行きましょう!あ、タイも行きましょう!
まきまきさんのネットワークとフットワークにいつも感心、いろいろと吸収させていただいてます!
今後も楽しみにしてます〜♪
by osorae | 2012-02-16 09:46 | 世の中を考える | Trackback | Comments(2)

私(りか)と夫よーへーさん、娘のそらちん&おはるの四人家族。そのどうってことのない日々のあれこれ。


by osorae
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31