母語習得に関する一考察 ーおはるの場合。

そらちんやおはるの言語習得過程を記録しておいたら、ケーススタディとして論文一本かけたなあ、などと、今更ながらに思う今日この頃。

なかなか発話せず、自分で間違いなく言える自信ができてからやっと発話、そして話し始めたら間違いなくしっかりお話していたそらちん。

そんなそらちんと正反対で、おはるは、不完全な状態で間違いながらよくしゃべってくれるので、さらに興味深い。

観察記録①
発音しやすい音(p,b,m)が先に発話される。

毎日の夕食時には「ぱんか〜い!」(乾杯)
おはるの好きな「ぷーす」(スープ)

おはるも自分で間違ってるとわかっているので、「おはる、スープって言って?」というと恥ずかしそうにでもやっぱり「ぷーす」と言う。

観察記録②
より発音しやすい音で発話する(mよりb、kよりt)。
「びったん」(みかん)
「たーたん」(かーちゃん)

観察記録③
h音(フ以外のハ行)はやはり特に難しいようである。

保育園で覚えた歌。
「♪ハッピ〜〜、チ〜ル〜ドレ〜ン、おこりんぼうは〜だれ♪」

おはるバージョンは
「♪あっぴ〜、あっぴ〜」。そしてなぜか、「おこりんぼうは〜♪」に続き「 ある(はる)!」と嬉しそうに叫ぶ(自分の性格もよくわかっているらしい)。

観察記録④
人間、生きていく上で必要に迫られる言葉は早く習得できる。

おはるが一番はっきりと発話できる言葉は
「おかわりちょーだい」

以上。
[PR]
トラックバックURL : http://osorae.exblog.jp/tb/19487373
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 宇都宮のS at 2013-01-09 08:07 x
遅くなりましたが、おめでとうございます。
発話の過程は、日々の成長が確認できてとても楽しいですよね。我が家の娘二人は、共通して、
「シタカッピー」→「スパゲッティー」
「テベリのミロコン」→「テレビのリモコン」
って言ってました(笑)
 
今年もよろしくお願いします。
Commented by osorae at 2013-01-14 05:04
Sさま
こちらもお返事が大変遅くなりましたが、、、あけましておめでとうございます。いつもコメントをありがとうございます。
こちらこそ、今年もどうぞよろしくおつきあいくださいませ。

「シタカッピー」!かわいいですねえ。カタコトのおしゃべりってホントにかわいくおもしろいですね、ということをおはるで初めて知りました。「テベリ」「ミロコン」も、ラ行が難しいからなんだろうなあと思いました。
by osorae | 2013-01-08 05:33 | おはる成長記録 | Trackback | Comments(2)

私(りか)と夫よーへーさん、娘のそらちん&おはるの四人家族。そのどうってことのない日々のあれこれ。


by osorae
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31