カテゴリ:絵本の記録( 35 )

12月の絵本

クレヨンハウス社からの定期配本。12月の絵本はこの2冊。

ネコとクラリネットふき

岡田 淳 / クレヨンハウス

おおきいツリー ちいさいツリー

ロバート バリー / 大日本図書



クリスマスにサンタさんからおはるへ贈られた絵本2冊(そらちんが、おはるへのプレゼントはこれがいい!とサンタさんにお手紙を書いてくれたのでした)。

だるまさんと〈3〉 (かがくいひろしのファーストブック 3)

かがくい ひろし / ブロンズ新社

だるまさんの (かがくいひろしのファーストブック)

かがくい ひろし / ブロンズ新社

このシリーズの「だるまさんが」も友人Mさんに以前プレゼントして頂いて持っているのですが、おはる、大好きです。「おお〜」とか「う〜わっ」とか野太い声で喜んでます。
[PR]
by osorae | 2011-12-31 16:26 | 絵本の記録 | Trackback | Comments(0)

11月の絵本

今月もタイトルのみ記録しておきます。

まずは、今月のクレヨンハウスの定期配本はこちら。

たのしい ふゆごもり (日本傑作絵本シリーズ)

片山 令子 / 福音館書店



そして、クリスマス気分を満喫したい私。クリスマスがテーマの絵本をたくさん借りました。

ギャラリ!〈2〉クリスマス (スーパーまちがいさがしえほん)

自由国民社

クリスマスツリーの12か月 (講談社の翻訳絵本)

エレン.ブライアン・オベッド / 講談社

クリスマスツリー

吉村 和敏 / アリス館

ターシャ・テューダーのクリスマス 喜びはつかむもの

ターシャ・テューダー / メディアファクトリー

サンタクロースってほんとにいるの? (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん)

てるおか いつこ / 福音館書店

メリークリスマス おつきさま (世界の絵本(新))

アンド゛レ・ダ-ハン / 講談社

クリスマスのまえのよる (主婦の友はじめてブック おはなしシリーズ)

クレメント・C・ムーア / 主婦の友社

クリスマスのこねこたち

スー・ステイントン / 徳間書店


それから、最近そらちんがお気に入りの「チリとチリリ」シリーズ。どっちがチリでどっちがチリリか。そらちんはすぐに見分けるポイントを発見しました。

チリとチリリ

どい かや / アリス館

チリとチリリ まちのおはなし

どい かや / アリス館

チリとチリリ―はらっぱのおはなし

どい かや / アリス館

チリとチリリうみのおはなし

どい かや / アリス館

チリとチリリゆきのひのおはなし

どい かや / アリス館


こちらも、そらちんが好きな「ばばばあちゃん」シリーズから2冊。

ばばばあちゃんのマフラー (日本傑作絵本シリーズ)

さとう わきこ / 福音館書店

ばばばあちゃんのやきいもたいかい (かがくのとも傑作集)

さとう わきこ / 福音館書店


こちらは図書館の新刊コーナーにあった一冊。起きたい男の子と眠っていたいお母さんの終わりなきやりとりが楽しいです。

ねえ、おきてる?

ソフィー ブラックオール / 光村教育図書


[PR]
by osorae | 2011-12-04 06:02 | 絵本の記録 | Trackback | Comments(0)

10月の絵本

すっかり記事にするのを失念しておりましたが、今月借りた本など、ひとまず書名のみの記録です。最近毎度のことながら、まだ何冊かあったはずなのに記録してない&思い出せん、、、。いかんですねえ。絵本好きとしてはもっとちゃんと書いていきたいと思ってます。

もぐらバス (日本の絵本)

佐藤 雅彦 / 偕成社


なつのいちにち

はた こうしろう / 偕成社


おにいちゃんが いるからね

ウルフ・ニルソン / 徳間書店


ぞうくんのすてきなりょこう (ぞうくんのちいさなどくしょ)

セシル ジョスリン / あかね書房


かぼちゃスープ

ヘレン クーパー / アスラン書房


いっきょく いきまぁす (PHPわたしのえほん)

長谷川 義史 / PHP研究所


[PR]
by osorae | 2011-11-08 05:50 | 絵本の記録 | Trackback | Comments(0)

9月の絵本

ひとまずタイトルのみご紹介。
少なくともあと2冊は借りてたはず、、、。思い出したら追加します。

ねこのかあさんのあさごはん

どい かや / 小学館

どうぶつかぞく

そうま こうへい / 小学館

ねこのうたたね

どい かや / 教育画劇

きらいさきらい

中川 ひろたか / 理論社

十二支のはやくちことばえほん

高畠 純 / 教育画劇

みんなかわいい

内田 麟太郎 / 女子パウロ会

よるのえほん

バーバラ エンバリー / あすなろ書房


クレヨンハウス社の定期配本。今月はこれ。

ぶたのたね

佐々木 マキ / 絵本館


そして、親子えな体操でsakiさんが読んでくれた一冊。

ねずみのでんしゃ (7つごねずみ)

山下 明生 / ひさかたチャイルド


[PR]
by osorae | 2011-09-30 23:59 | 絵本の記録 | Trackback | Comments(0)

8月の絵本

8月、何をしていたんでしょう、私の8月。
絵本ももっと読んだ気がするのですが思い出せません。
・・・と書いていて先月の絵本の記録を見たら同じこと書いてました。どうもこの2ヶ月、私の頭は働かずに休みっぱなしのようです。。。

クレヨンハウス社の定期配本の2冊。

ぞうのエルマー〈1〉ぞうのエルマー (ぞうのエルマー (1))

デビッド マッキー / BL出版


落語絵本―ばけものつかい (落語絵本 (1))

川端 誠 / クレヨンハウス



親子えな体操でsakiさんが読んでくれた2冊。

たいせつな あなたへ あなたが うまれるまでの こと (講談社の翻訳絵本)

サンドラ・ポワロ-シェリフ / 講談社


なぞなぞなーに―なつのまき (幼児絵本シリーズ)

いまき みち / 福音館書店


「たいせつなあなたへ」は素敵な絵本でした。誰かにプレゼントしたくなりましたが、プレゼントするならいつかそらちんへ、になるのでしょうか。聞いている間中そらちん妊娠中のことを思い出していました(おはる妊娠中は、あんまり胎内のおはるのことに思いを寄せた覚えがない。おはる、ごめん)。
[PR]
by osorae | 2011-08-31 23:59 | 絵本の記録 | Trackback | Comments(0)

7月の絵本

7月。ああ、いったいどこに行ってしまったのでしょうか、私の7月。・・・と言いたくなるほど信じられないくらいにあっという間にすり抜けて行ってしまった7月。

絵本ももっと読んだような気がするのですが、記録してませんでした。ひとまず書名のみUPします。

クレヨンハウス社の定期配本の2冊。

にじいろのさかな (世界の絵本)

マーカス・フィスター / 講談社

しずかに!ここはどうぶつのとしょかんです

ドン フリーマン / BL出版



図書館で借りた絵本は以下。

木いちごの王さま

岸田 衿子 / 集英社

いそがしいよる―ばばばあちゃんのおはなし こどものとも傑作集

さとう わきこ / 福音館書店

これは本

レイン スミス / BL出版



そして、私は絵本好きの大人が書いた本を何冊か読みました。特に穂村さんの文章は、こんな風に絵本に対する愛情を表現できたらすてき、と思いました(もっとちゃんと感想が書きたい、が最近本当に頭が働かない。。。)。

ミムラの絵本散歩

ミムラ / 白泉社

ミムラの絵本日和

ミムラ / 白泉社

ぼくの宝物絵本 (MOE BOOKS)

穂村 弘 / 白泉社


[PR]
by osorae | 2011-07-31 23:59 | 絵本の記録 | Trackback | Comments(0)

6月の絵本

今月は私が読みたい絵本ばかりを借りてきた感じ。そらちんにはちょっと難しいものもありましたが、それでも一緒に楽しんでくれました。

私の一押し絵本はこれ。

きんぎょ

ユ テウン / セーラー出版

ため息のでる美しさです。古い図書館が舞台というのがまた私好みで。近いうちに買ってしまうであろう一冊。

えほんのこども (講談社の創作絵本)

荒井 良二 / 講談社

「えほんのこども はなしまーす」「えほんのこども うたいまーす」「えほんのこども エホン ゴトン えほんでしゃ はしりまーす」ことばのリズムがいい感じ。

あけるな

谷川 俊太郎 / ブッキング

何が怖いのかわからないけど何だか怖い。最後はぞくっとしました。

わたしのワンピース

にしまき かやこ / こぐま社

そらちんがワンピース大好きなので借りてみました。結構昔からある絵本だったのですね。まっしろな布で作ったワンピース。うさぎさんがお散歩すると、はなもようからみずたまもよう、くさのみもようへ・・・。かわいらしいお話です。

This is London (This is . . .)

Miroslav Sasek / Universe

最近、海外旅行熱が高まっています。実現は難しそうですが、久しぶりにロンドンもいいなあと妄想しながら読んだ絵本。

いつかはきっと

シャーロット・ゾロトフ / ほるぷ出版

女の子って、みんなこんなこと夢みてるんですかねえ。

にんぎょうげきだん

こみね ゆら / 白泉社

こみねゆらさんは昔愛読していた雑誌「月刊MOE」で絵本大賞を受賞されたときから好きな絵本作家です。

しかめっつらあかちゃん

ケイト ペティ / ほるぷ出版

髪型がなんとなくおはるに似ている・・・。

いたずら王子バートラム

アーノルド ローベル / 偕成社

子どもに手を焼き悩むのは、ロイヤルファミリーも庶民も同じですねえ・・・。

またにちようびがやってくる

エレーヌ レイ / ほるぷ出版

傘がなくて外出できない雨の月曜日。晴れた日に買いに行こうと思っていたのに、、、買えないままにまた月曜日。そらちんはこのお話が一番気に入ったようでした。

月1回の親子体操、「母と子のえなビューティー」でsakiさんが読んでくれた絵本はこれ。

せんたくかあちゃん(こどものとも絵本)

さとう わきこ / 福音館書店

私の憧れる肝っ玉かあちゃん。最後、とんでもない数のかみなりさまが来た時はどうするのかと思いきや「まかしとき〜!」。やっぱり「おかあちゃん」は凄い。

そして、今月のクレヨンハウスからの定期配本。

スイミー―ちいさなかしこいさかなのはなし

レオ・レオニ / 好学社

保育園で読んだというそらちん。私が読む前からあらすじ、結末を話してくれました。

次の2冊は、おはるに読んだ絵本です。

だるまさんが

かがくい ひろし / ブロンズ新社

先日遊びに来てくれたMさんがおはるへプレゼントしてくれた本。そらちんにも大ウケ。赤くて丸いものには結構注目するおはるです。

ごぶごぶ ごぼごぼ (0.1.2.えほん)

駒形 克己 / 福音館書店

岡本のリサイクルショップ「five dots」で100円で購入!いいお買い物でした。単純な音と色鮮やかな絵。おはるも大注目してくれます。
[PR]
by osorae | 2011-06-30 23:59 | 絵本の記録 | Trackback | Comments(2)

5月の絵本

今月は私にとってなかなか面白い絵本に出会えました。

まずは、図書館で借りた絵本。

おふろばをそらいろにぬりたいな (岩波の子どもの本)

ルース クラウス / 岩波書店


まりーちゃんとひつじ (岩波の子どもの本 (14))

フランソワーズ / 岩波書店


赤ずきん (岩波の子どもの本)

グリム / 岩波書店

私はこの絵がとても好きです。この絵本は買って手元に置きたくなりました。

とりかえっこ ちびぞう (新しい日本の幼年童話)

工藤 直子 / 学研

ストーリーもことばも絵も、ただただ楽しい!

マフィンおばさんのぱんや(こどものとも絵本)

竹林 亜紀 / 福音館書店

パン屋さんをテーマにした絵本はどれも大好きです。私は「パン好き」というより「パン屋さん好き」。

三びきのごきげんなライオン

ルイーズ ファティオ / 童話館出版


しっぽがふたつ―ごきげんなライオン

ルイーズ ファティオ / BL出版

そらちんお気に入りの「ごきげんなライオン」シリーズ。

しごとをとりかえただんなさん

ウィリアム ウィースナー / 童話館出版

楽な家事だけで気楽に暮らす(ように見える)奥さんに不満を言って役割を1日代わってもらっただんなさんの話。なかなか深いテーマであります。

「母と子のえなエクササイズ」で、sakiさんが読んでくれた絵本。

ブタとタコのダンス (学研おはなし絵本)

長 新太 / 学習研究社

ナンセンスで愉快。そらちんと一緒にケラケラ笑いながら聞きました。

そして、クレヨンハウスの定期配本で届いた2冊。

きっとみずのそば

石津 ちひろ / 文化出版局


はなのすきなうし (岩波の子どもの本 (11))

マンロー・リーフ / 岩波書店

この本が届く前日、そらちんと何かの会話の中で「『はなのすきなうし』っていうお話があるよ。今度図書館で借りてみようか」と話していたらこの絵本が届いたのでびっくり!そらちん、気に入ってくれて最近の寝る前に読む絵本の定番になりました。私はこの「ふぇるじなんど」といううしさんのお母さんが、なかなか大したお母さんだと思いました。
[PR]
by osorae | 2011-05-31 23:59 | 絵本の記録 | Trackback | Comments(0)

4月の絵本

4月は図書館に行く機会も増え、寝る前のそらちんとの絵本の時間も少しずつ取れるようになりました。

4月に図書館でそらちん用に借りた2冊。

行事のおはなし12か月

左近蘭子 / 世界文化社

日本の季節折々の行事とその由来が短いお話で紹介されており、私も知らなかったことがあったりして楽しく読みました。

タブスおばあさんと三匹のおはなし

ヒュー・ ロフティング / 集英社

長年住み慣れた家を追い出されたタブスおばあさんを何とか家に帰してあげようとする三匹の奮闘。結構長いお話で2回にわけて読みましたが、そらちんの「もう1回」のリクエストはなし。私は絵もストーリーも結構気に入ったのですが。

ろうそくいっぽん (えほんひろば)

市居 みか / 小峰書店

今月から通い始めた「母と子のえなビューティー」にてsakiさんに読んでいただいた絵本。大切な用事のためにろうそくを持って夜道を急ぐ男の子。その道すがら乞われては分け与える炎。そらちんもじっと聴いていました。

そして、この4月から、えみばあばからクレヨンハウス社の絵本の定期配本のプレゼント。これから毎月1冊ずつ絵本が届きます。最初の1冊はこれでした。

ひとまねこざる (大型絵本)

H.A.レイ / 岩波書店

我が家にも英語版が2冊ある「おさるのジョージ」シリーズの1冊。これも長いお話で3回ほどに分けて最後まで読みました。

5月に入り、現在図書館で10冊ほどの絵本を借りて順番に繰り返し読んでいます。最近そらちんとの付合いがなかなか難しい私ですが、おはるを寝かしつけた後などに、絵本を通じてそらちんとの時間を持てたらと思います。
[PR]
by osorae | 2011-05-13 04:52 | 絵本の記録 | Trackback | Comments(0)

初めての絵本

先日、本屋さんで「これ、保育園にあるで」とそらちんが教えてくれた本。

いっしょにあそぼ しましまぐるぐる

学習研究社

帯には「0歳児からの絵本」とあり、黒・白・赤といったコントラストの強い配色のいろいろな「しましま」と「ぐるぐる」で構成されている赤ちゃん向けの絵本です。

生後6ヶ月までの赤ちゃんでもコントラストの強い配色の形や人の顔の絵を認識・注目するということが知られているそうで、我が家にもそらちんが生まれた時にプレゼントして頂いた白黒赤の3色だけの「絵本」があります。

さすがにまだおはるには早いかなとは思いつつ、この絵本は配色・デザインがなかなか綺麗で楽しかったので購入してみました。

おはるが起きている時にそらちんが読み聞かせをしてくれています。
e0111365_90322.jpg
生後1ヶ月過ぎた頃から人の顔を目で追ったり見つめてくるようになったおはる。絵本に注目しているのか、そらちんに注目しているのかはわかりませんが、結構じっと見ています。
[PR]
by osorae | 2011-04-19 05:24 | 絵本の記録 | Trackback | Comments(0)

私(りか)と夫よーへーさん、娘のそらちん&おはるの四人家族。そのどうってことのない日々のあれこれ。


by osorae
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31