<   2011年 03月 ( 35 )   > この月の画像一覧

4歳児女子たち

年度末。そらちんの保育園は新年度準備のためお休みです。

よーへーさんはお仕事なので、そらちん&おはると私三人だけで過ごす初めての1日。さて、どうしようかと迷ったのですが、友人Mさんに声をかけ、同じく保育園がお休みのNちゃん、弟Sくんと一緒に我が家へ遊びに来てもらいました。

MさんとSくんは私の退院直後におはるに会いに来てくれたので、この新居への2度目のご来訪。Nちゃんは初めてでした。

お昼から午後ず〜っと、そらちんとNちゃんは大はしゃぎ。走り回って大騒ぎ。ランチの後はリビング隣の子ども部屋に「入っちゃダメ!」とドアをしめてこもり、二人で遊んでいました。

私とMさんは、お互いの下の子を見ながら、リビングでひたすら話しまくり。

それにしても4歳児女子!Nちゃんの話し振り、Mさんとのやり取り、聞いていて「どこも同じだ〜」と思いました。そらちんも、もう、わざと怒らせようと嫌がらせしているのかとしか思えないことが多いんですよ、本当に。

そして、それに正面から立ち向かってしまう、これはハハのサガなのか、、、。嘆きと悩みを共有してちょっとストレス解消したハハ二人でした。
e0111365_4263375.jpg
自由奔放な4歳児女子たち。
e0111365_426795.jpg
おはるもいずれはこうなるのか〜。。。
e0111365_4261836.jpg
「来ちゃダメ!」とNちゃんに閉め出されていたSくん。がんばれ男子!
e0111365_4264493.jpg

いよいよ明日から4月。そらちんもNちゃんも年中さんクラスに。Sくんは入園、Mさんはまもなく職場復帰。私も気分を新たにぼちぼち新計画スタートです。

みんな元気に新しい1年を過ごせますように。
[PR]
by osorae | 2011-03-31 23:59 | ひとびと | Trackback | Comments(0)
ご近所のレストラン「世界のごちそうパレルモ」さんで開催中の「世界のごちそうアースマラソン」

今週月曜日、第21地点に続き、第22地点もお持ち帰りして自宅にて通過いたしました。

ちゃんとした写真を撮る余裕がなかったのですが、せっかくなのでご紹介。
e0111365_80491.jpg
いつもの前菜、トルティーヤ(左下)、ライスコロッケとサラダ(右)。
そして、レソト王国のスピナッチェ(ほうれん草のクリーム煮込み)(左上)。
e0111365_8133.jpg
ナミビア共和国のソーセージ&チップス(ソーセージとポテトフライ)(左上・右下)、アンゴラ共和国のムアンバ(鶏肉のアンゴラ風シチュー)(左下)、南アフリカ共和国のボボティー(カレー風味のミートローフ)(右上)。

今回、アフリカ諸国のお料理と聞いて思い浮かべるものとちょっとイメージが違ったお料理の数々。それぞれのお料理からその国の歴史的・社会的背景を知ることが出来ました。

レソト王国のスピナッチェは、ビーナッツ風味の甘さとしょっぱさが美味しく、今回の私の1番お気に入りの一品でしたが、この国は労働力として連れてこられたインド人やマレー人が多く、彼らがカレー、チャツネ、ピーナッツペーストをベースとしたシチューをもたらしたそうです。

ナミビア共和国は、旧宗主国のドイツの影響でソーセージやハムなどの豚肉料理が食べられ、ドイツ仕込みのビールも製造されているそうです。このソーセージも本格的で、今回のメニュー中、よーへーさんの一押し。そらちんはどちらかというとポテトフライの方にご執心でした。

南アフリカ共和国も、労働力としてわたったマレー系の人々のお料理の影響があり、このカレー風味のミートローフもマレーの香辛料が使われているそう。辛さはなく優しいカレー味、香辛料の風味もクセはなく、小さい子どもでも美味しく食べられる味でした。

アンゴラ共和国のムアンバは鶏肉とオクラなどの野菜が煮込まれたもの。これは結構辛かったですが、ナンにたっぷりつけて頂きました。

写真を撮らなかったのですが、このほかにほうれん草のナン、カボチャのポタージュ、デザートのバナナのムースがついています。

次回の第23地点は、ランチタイムにでもお店に行けたらなと考えています。久しぶりに本山シェフにお会いしたいし、おはるの顔も見ていただきたいです。

(メニューの詳細はアースマラソンのブログでどうぞ)
[PR]
by osorae | 2011-03-31 04:45 | おいしいもの | Trackback | Comments(2)

3月の絵本「ミッケ!」

2月末の出産後、そらちんの絵本を借りに図書館へ行くことができなかったのですが、私の大親友さなへ〜さんが、お姉ちゃんになったそらちんへこんなプレゼントを贈ってくれました。

ミッケ!―いつまでもあそべるかくれんぼ絵本 I SPY 1

ジーン・マルゾーロ / 小学館


ミッケ! ファンタジー―I SPY 5

ジーン マルゾーロ / 小学館


ミッケ! たからじま―I SPY 7

ジーン マルゾーロ / 小学館

さなへ〜さんご一家が以前から家族で夢中になっているというこの「ミッケ!」、数ある中からさなへ〜さん選りすぐりの3冊を頂きました。

各ページに隠れているものを見つけて遊ぶ絵本。カラフルで美しく、そして幻想的で不思議な絵や写真の中にあらゆるものが隠れています。やさしくリズムカルな糸井重里さん翻訳のクルーを読みながらの物探し。小さ〜いものあり、意外な存在の仕方あり、かなりの難問もあります。

そして、全部見つけた!と思って最後のページを読むと、、、もう一度最初から遊べます!

そらちん、すっかりはまってます。平日、夕食後は必ず「『ミッケ』しよう〜」。寝る前もベッドに持って行き「『ミッケ』してから寝る〜」という調子です。よーへーさんもそらちんに付合いながら、けっこう夢中で楽しんでます。大人も一緒に楽しめる絵本です。

さなへ〜さん、素敵な絵本を教えてくれてありがとうございました。
[PR]
by osorae | 2011-03-29 23:59 | 絵本の記録 | Trackback | Comments(4)

開花

e0111365_14234139.jpg
週末あたりから、マンション脇の桜が咲き始めました。
我が家のベランダからお花見ができそうです。
[PR]
by osorae | 2011-03-28 23:59 | 暮らしのあれこれ | Trackback | Comments(0)
土曜日に六甲道に行った歳、ワッフル専門店「つぎほの甘み」へ行ってみました。

ここは3月11日にオープンしたばかり。天然酵母と米粉を使用し素材にこだわった身体にやさしいワッフルだそうで、オープンのお知らせの新聞広告を見て以来気になっていたお店です。

ショーケースには6種類のワッフル。それぞれ1つずつ購入して帰りました。

土曜日の夕食後に、そらちんは「いちご」、よーへーさんは「チョコレート」、私は「いちじくとくるみ」を、
e0111365_453353.jpg
(写真を撮り忘れたので、そらちん画伯の絵で)

日曜日のおやつに(注:保存料など不使用なので、原則「本日中にお召し上がりください」です)
、そらちんは「抹茶」、よーへーさんは「ホワイトチョコレート」。私は「プレーン」を頂きました。
e0111365_4535893.jpg
e0111365_4534846.jpg


ほどよくしっとり、さっくり。バターの香りなどは感じない、自然な甘さ。そらちんに味見させてもらった「抹茶」は、生地に練り込まれた抹茶のいい香りがしました。そらちんは大喜びであっという間に完食。味にうるさいよーへーさんも「これはなかなか美味しい」との感想。

六甲道はめったに降りない駅なのですが、何かのついでがあればまた買いに行きたいと思います。

「つぎほの甘み」
〒 657-0029  神戸市灘区日尾町2-2-11 1F
tel&fax / 078-856-0648
営業時間 / 10時〜19時( 不定休)
[PR]
by osorae | 2011-03-27 23:15 | おいしいもの | Trackback | Comments(3)
土曜日午後の外出は、産後初めて、1ヶ月ぶりの私とそらちんと二人での外出でした。

この日そらちんは「お母さんとそらちんでお出かけするの久しぶり!」「楽しみだったんだあ〜」ととても嬉しそうでした。自宅からずっと手をつないで歩き、歩きながらお父さんと自転車で保育園に行く時の様子などあれこれと話してくれました。

先日、いつもは私が授乳して寝かしつけるおはるがよーへーさんの抱っこで眠った時に、久しぶりにそらちんと一緒にベッドに入りました。並んでベッドに横になるとすぐに「手つないで」とそらちん。そのとき、そういえば最近そらちんとめったに手もつないでなかったと気がつきました。

思えば、保育園に入ってからほぼ毎朝、おしゃべりしながら、歌いながら、そらちんが歩けるようになってからは必ず手をつないで、保育園までの道のりを一緒に歩きました。その時間がまったくなくなったんだ、そらちんにしたら、とっても大きな変化だよなあと。

そして翌朝、そらちんに「あのさ、お母さん、ゆうべ思ったんだけど」と気づいたことを話し、「さみしかった?」と聞くと「うん」。「ごめんね。我慢してくれてありがとうね」と言うと「うん」と。

妊娠中もそうでしたが、産後も、そらちんは「抱っこして」とお父さんにしか言いません。甘えたい時はお父さんのところへ。「遊んで」「○○してください」という時もまずはお父さんのところへ。「今はお母さんには甘えちゃいけない」と思っているようでした。「お母さん抱っこ」はおはるが優先、今は「お母さんとおはる」で「お父さんとそらちん」なんだと。

この日のそらちんの様子を見ていて、たまには「お母さんとそらちん」の時間を作ってあげようと思いました。特にそらちんは自分からなかなか言い出さないタイプなので私の方が意識的に誘ってあげようと。

まずは今回体験した「母と子のえなビューティ」エクササイズ、4月から月に一度は必ずそらちんと私二人で外出し、思い切りスキンシップをはかって遊ぶ「お母さんとそらちん」の時間になると思います。そして、「お父さんとおはる」の時間にも。
e0111365_6313841.jpg
ちなみに初めてよーへーさんと二人でのお留守番だったこの日のおはる。私が外出直前に授乳、その後2時間ほど寝ていて、夕方4時半頃起きて、生まれて初めてのミルクを100ccほど飲み、また寝て、私たちが帰宅した5時半ちょっと前に起きたそうです。

そらちんはどんなに空腹で泣き叫んでも頑としてミルクを飲んでくれなくて、私の試験日のときなどはよーへーさんが大変だったのですが、おはるは難なく飲んでくれるようです。これでいざという時はミルクでも大丈夫かなとまた少し気が楽になりました。
[PR]
by osorae | 2011-03-27 06:16 | 想い | Trackback | Comments(4)
土曜日午後、私とそらちんの二人で六甲道の神戸新聞文化センターの「母と子のえなビューティ」講座体験会に参加してきました。

講師はえなビューティヒーリストのsakiさん

「えな」とは、日本古来のことばで子宮など女性性を表現しており、えなビューティは、そのえなや骨盤、女性ホルモンに深く働きかけることでえな力(子宮力、女性ホルモン)をアップさせ、内側から美しくする全身ビューティメソッドとのこと。生理痛・生理不順、更年期障害の緩和などにも効果大だそうです。

sakiさんとは昨年秋にご縁が会って出会い、昨年10月にフェイシャルのお試しコースを体験して以来、数回施術をお願いしています。出産後も、退院直後に自宅に産後の骨盤ケアに来て頂きました。1回の施術でも腰回りがすっきりとして驚きました。

神戸新聞文化センターで以前から女性向けのエクササイズの講座をされていたのですが、この4月からは母子を対象とした親子エクササイズも始めると聞き、興味津々だったのです。

この日は、私たちともう1組の親子が体験予約をしていたそうですが、結局参加したのは私たちだけ。マンツーマンの贅沢な体験となりました。

sakiさんはさすが元保育士。遊びたがったり走り回ったりするそらちんの相手をしながら、お互いの身体をマッサージしたり、背中や足をほぐしたりのストレッチ。

途中、そらちんのリクエストに応じ、フロアマットを使ってこんな遊びも。
e0111365_5594155.jpg
e0111365_5595453.jpg

あっという間の1時間。最後は絵本を読んでくださいました。

はるだはるだよ!10ぴきのかえる (PHPにこにこえほん)

間所 ひさこ / PHP研究所

春になり冬眠からめざめたかえるたちのお話。そらちんは私の膝の上に座って熱心に聞いていました。

今回体験した講座、4月からは毎月第4土曜日午後に1時間開講です。そらちんも「また行きたい!」と言っているので申込むつもりです。

興味のある方、詳細は神戸新聞文化センターのウェブサイトをご覧下さい。
[PR]
by osorae | 2011-03-26 05:46 | 家族でおでかけ | Trackback | Comments(0)

お散歩へ

退院後、健診で出かけた日以外は一歩も外に出ずにおはると過ごした1ヶ月。

1ヶ月過ぎたらご近所のお散歩から始めようとうずうずしていた私は、さっそくおはると一緒に出かけてきました。

坂を下って図書館へ。借りていた本を返して予約した本を受け取り、ちょっとだけスーパーを覗いてお買い物。本屋さんで雑誌を1冊。久しぶりに覗きたいお店はいっぱいありましたが、とりあえず初回はこんなところでと帰宅。それでも結構時間がかかって2時間ほどのお散歩でした。

おはる3キロに図書館の本3冊、買った雑誌1冊、お買い物した食品少々で、帰路はけっこうな重さ。最後の上り坂ではひと汗かきました。

その間、おはるはずっとスリングの中で熟睡。

今日は思ったよりもあたたかく、ご近所の木蓮は満開、梅はもう散り際。他にもどこからか花の香りがしてきたり、春の空気。私が自宅にこもっている間にすっかり季節が進んでいました。次は桜の季節。そらちんともみんなで一緒にお花見に出かけたいねと話しています。

産後1か月はおとなしく休むことを自分に課していた私。そろそろ動き出そうと思います。うずうず。
[PR]
by osorae | 2011-03-25 23:59 | 私の気分転換 | Trackback | Comments(0)

1ヶ月

先月24日のおはるの誕生から1ヶ月がすぎました。正確には28日目。新生児期も無事に過ぎようとしています。

今朝のおはる。
e0111365_91172.jpg
e0111365_910567.jpg
最近はいつも髪が立っていて、何となくリーゼント様。

あっという間だったような、あの出産の日が遠い昔のことのような。

昨晩は夜10時すぎ授乳した後、今朝の3時半頃まで5時間ほど熟睡してました。私は出産前も普段は10時〜10時半頃に寝て、3時半〜4時頃に起きる生活だったので、これなら産前と変わらない睡眠時間。日によっては夜も1、2時間で起きることもあるのですが、大抵3時間ほどは連続して寝てくれるおはる。楽です。

昼間はもう少し頻繁に授乳してますが、授乳すれば2時間ほど寝てくれて、起きていてもベビーベッドや私の膝の上でまどろんでいるおはる。とっても楽です。

そらちんの時の経験から、眠れない、ひたすら授乳と抱っこ、常に泣きっぱなし、その子を抱っこして座ることもできず立ちっぱなし、の産後の日々を覚悟していた私にとって、こんなに楽していいんだろうか???という1ヶ月でした。


今回のおはる妊娠・出産をつうじて「いのち」や「生きるということ」について考えることが増えたのですが、この間、あの大震災が起こったこともあり、今年はさらに生と死を深く考える一年になりそうです。


震災についてですが、やはりいろいろと考えてしまいます。自分に何ができるのか、何をすべきなのか、一旦は答えが出た気がしても、次から次へ社会に生活にいろんな影響が出て来て、それについてもまた考え。。。

先日、わずかではありますが寄付をしました。どこに寄付しようかと考えた末、まずはジョイセフ(JOICEF)という団体へ。この団体は元々発展途上国の妊産婦支援をしているNGOですが、今回、日本助産師会、日本家族計画協会とともに被災地の妊産婦の支援を開始しています。

最近出産をし、現在0歳児と4歳児を育てている私にとって、ニュースなどを見ていてもやはり被災地の妊産婦さんや赤ちゃん、子どもたちに目がいきます。どんなに大変な思いをされているかと思うと胸がつまります。

少しでも早く多くの方に支援が届きますように。そして救われた命、誕生した命が元気に育ちますように。

これからも継続的に長期的に、私のできることを考え実行していこうと、しかし、頭で考えすぎず、心や身体で感じることも大事に、何より自分が元気で気持ちよく生きていなければと思っています。

やはりまずは一番身近な家族に不安や心配を与えないこと。
ここに戻りますね。

なんだかとりとめのない記事になりましたが。
e0111365_5365248.jpg

[PR]
by osorae | 2011-03-24 04:41 | おはる成長記録 | Trackback | Comments(4)

おはようの笑顔

今朝はそらちんもおはるも6時前にお目覚め。
お父さんがお目覚めになるまで、女三人、リビングでだらだらのんびりの朝でした。

「おはようございま〜す」
e0111365_1023136.jpg
そらちんの同時期とおんなじ、まだまだ痩せっぽちな足。
e0111365_1023401.jpg
そらちんの手と比べてもこんなにちっちゃい手です。
e0111365_10242118.jpg

今まで、我が家で「赤ちゃん」といえばそらちんだったのに。。。そらちんよりもさらに小さい存在がいることにまだ慣れなくて、なんだか不思議な気持ちになる私です。

そして同時に、「おはるが我が家に来てくれて本当によかったなあ」と、喜びと感謝の気持ちを噛み締める毎日です。
[PR]
by osorae | 2011-03-20 10:28 | 記念撮影 | Trackback | Comments(0)

私(りか)と夫よーへーさん、娘のそらちん&おはるの四人家族。そのどうってことのない日々のあれこれ。


by osorae
カレンダー