<   2010年 09月 ( 32 )   > この月の画像一覧

昨日紹介した本の著者、吉岡マコさんは「マドレボニータ」というNPO法人の代表をされています。

マドレボニータとはスペイン語で「美しい母」。「美しい母がふえれば、世界はもっとよくなる」をキャッチフレーズに出産前後、子育ての導入期の最も不安定な時期にある女性の心と身体の健康をサポートすることを目的として活動するNPO法人です。

吉岡さんは、産後ケアの必要性について、ウェブサイトで以下のように書かれています。

「産後ケアの必要性」について、当事者である産後女性たちからは切実な共感を得ているにも関わらず、社会ではほとんど認知されておらず、あまり重要だとも思われていません。産後に適切なケアを受けることで、社会問題にもなっている乳幼児の虐待やセックスレスや育児ノイローゼが予防できるという可能性に思いをはせる人もまだ多くありません。(当事者である産後の女性からは、そんな声が多数寄せられているにもかかわらず。)未経験者は産後の大変さを知りませんし、経験者も「咽元すぎれば熱さ忘れ」てしまうのです!

でも、そろそろ、当事者だけでなく、社会に広く、産後ケアの必要性を届けなければならないとおもいます。そうしないと、日本の母子保健のシステムに産後ケアが組み込まれるようになるほどの変化は、いつになってもおきないでしょう。

このような理念をもって設立された「マドレボニータ」は、産前・産後のボディケア&フィットネスプログラムの開発・研究・普及を通じて、母となった女性の子育ての導入期の心身の健康、子どもの健全な育成、虐待の予防、夫婦不和の予防、地域の活性化、女性の再チャレンジとエンパワメント、少子化への歯止めなどを目指しています(ウェブサイトより抜粋)。

私が吉岡さんの考え方・活動を知ったのが2004年頃。そらちんを妊娠するずっと前でしたが、とても共感を覚えました。以来、彼女のブログを読み続けてきましたが、妊娠・出産を経た現在、実感として彼女の主張することの大切さを感じます。

以前、吉岡さんのブログに、「美しい母」という文化について、次のような言葉がありました。

「出産した女性のことを「子育てママ」とか「子育て中のお母さん」とか呼んで子ども扱いする文化をフェードアウトさせたい。子どもを産んだ大人が、一人の女性としてのアイデンティティをもったうえで、産後のリハビリがあり、母乳育児があり、虐待予防があるという、そういう「成熟した大人の子育て支援」の文化の一部を担いたい。」

「文化というのは、「産後を快適に過ごすための仕掛け」ということではなくて、子どもにとっての一番身近なお手本となる存在になったからこそ、より美しく誇り高く生きようというような気運、 そういうのが文化だとおもいます。」


「成熟した大人」として「より美しく誇り高く」生きる。それも子どもの一番身近なお手本として。

私にとっては、とてもとても難しく厳しい目標です。

でも、吉岡さんは著書「産前・産後のからだ革命」のエピローグに、こんな言葉を書いてくださっています。

「笑えないときがあっても、よしとする。こういう時期もある、と「トホホ」と苦笑する。思考停止さえしなければ、どんな経験も糧になるものです。たとえいまは笑えなくても希望を見つけようとする気持ちだけは失わない。そんなスタンスで、ぼちぼちやっていければいいと思います。わたしたちがめざすマドレボニータ(美しい母)なんて、そんなものです。そんなに最初からキラキラしてなくてもいいんです。子どもがいなかったころには想像もしていなかった体験をたくさんし、清濁あわせのんで、でも美しく生きようともがいた先に、何かきらめくものがつかめれば、それでOKだと思います」

以前、私はこの部分を読んで泣けてしまいました。ちょうど疲れていたときだったのかもしれません。

そして、少しだけ気が楽になりました。

めざすは「清濁あわせのんだ美しさ」。
ぼちぼち、のんびりめざします。
[PR]
by osorae | 2010-09-12 05:20 | | Trackback | Comments(0)

安産をめざして

そらちん妊娠中は仕事をしていなかったこともあり、よく運動していました。安定期に入ってからはジム通いを再開し、ウォーキングと上半身の筋トレ、スタジオプログラムのヨガを1時間。ジムのない日には自宅でヨガやストレッチ。

そのジムも、そらちん出産後、職場が反対方向になったこともあって退会。朝や寝る前に自宅でちょこちょことヨガをする程度、それもこの夏は猛暑を理由にだらだらと過ごしてしまい滞っています。

運動不足を自覚し、安定期に入ったことだし、そろそろ何か始めなくてはと引っ張りだしてきたのが以下の2冊。

母になった女性のための 産後のボディケア&エクササイズ

吉岡 マコ / 講談社


産前・産後のからだ革命―安産とキレイの秘密

吉岡 マコ / 青春出版社

前者はそらちん妊娠中に購入。後者は出産後に出版されたもので、前者の内容をよりわかりやすくした感じ。出版直後、当時妊娠中だった友人だたさんにプレゼントし、自分にも1冊購入しました。

どちらも、医療はサポーター役に過ぎず、結局「自分で産む」のだから、安心して出産できるからだを自分で作ろう、という考え方が基本にあります。

前者は「産後の」とありますが、妊娠中から安産だけでなく産後のスムーズな回復を見据えた身体づくりを目指し、まずは骨格や筋肉の位置・働きを知って、正しい姿勢で生活することで身体の不調を予防・改善しようというもの。妊婦でなくても参考になると思います。

産後については、産後1ヶ月までと産後2ヶ月~8ヶ月に分けて、リハビリの方法、正しい姿勢での授乳・オムツ換えの方法、筋肉を作るためのエクササイズなどが紹介されています。更には、産後ウツ、育児ノイローゼにならないための精神面のリハビリについても。

後者は、産前についての記述が増え、図解やQ&Aなどもあってわかりやすいものになっています。

「本当はお腹が大きくなってもそのお腹を支える筋肉を使えば、「よっこらしょ」なんてドンくさい動きをしなくてもいいのですよ」

「出産した人がよく口にするフレーズに「体型を戻す」というのがありますが、みなさん、妊娠前はそんなに素晴らしい体型だったのでしょうか?」

「自分の体型の崩れを「出産のせい」にするのは、あまり美しい態度ではないですね。出産していようがいまいが、筋肉で形を作らない限りは、おなかはたるむのです。体型は何かのせいで勝手に崩れるものではありません。自分の意志と筋肉の使い方の積み重ねの結果なのです」

「せっかく生まれてきた赤ちゃんにとっては、「この子がいるから…」と愚痴られてもいい迷惑。肩コリや腰痛は赤ちゃんのせいではありません」

私は著者の吉岡さんの考え方はもちろん、このようなちょっとキツイ、ストレートな物言いが好きです。そらちん妊娠中も何度も読み返しては、「絶対にこのまま健康に出産を迎えて、安産で、産後もしっかり回復した上に美しい身体を作り上げてやろうじゃないの」と思っていました。負けず嫌いな私には大変効果的で(笑)、実際に健康で安産で、産後の回復も早かったと思いますが、「美しい身体」は・・・。

今回の妊娠をきっかけにまた自分の身体と向き合い、まずは安産と、その後の健康で美しい身体を目指そうと思います。
[PR]
by osorae | 2010-09-11 06:28 | 私の読書日記 | Trackback | Comments(6)

母としても考えました。

父として考える (生活人新書)

東 浩紀 / 日本放送出版協会


これも先月読んで、久しぶりに人に薦めたくなった一冊。
たまたま同時期に娘の父となった二人の言論人の対談です。

それぞれの思想が、父としての視点が加わったことでどう変わったのか。
家族、社会、教育、民主主義といったテーマで議論が交わされています。

宮台さんの著書や雑誌の寄稿などはいくつか読んだことはありましたが、東さんに関しては恥ずかしながら何も知りませんでした。しかし、それまでの二人の仕事、著作をあまり知らない私でも興味深く読み進められました。

特に社会、学校の均質化がもたらす問題と現代人の「必然性信仰」についての議論は、今の私に非常に腑に落ちました。

前者の問題に関しては、どこに住むかという選択がこれからのそらちんたちの成長に大きな影響をあたえるのだということに自覚的であるべきこと、一方で、「必然性信仰」の議論から、その「選択」についてはあまり怖れなくてもよいのだということ、大いに納得できました。

この「必然性信仰」、少し長くなりますが、是非ご紹介したいので引用します。
(以下、本文182〜185ページより一部抜粋)

宮台
 僕はかつてテレクラや伝言ダイヤルを調べて「必然性信仰」が生まれる背景を理解しました。人口学的には性愛のパートナーとなりうる存在は日本だけでも数千万人はいます。自分の居住地から半径五キロ圏内にだって都心だったら万単位はいる。合理的に考えれば、目の前の相手よりも良い相手がいるに決まっていて、必然性を感じるのは無理です。
 でも、このことに固執すると「ホームベース」がつくれないので、関係の履歴によって入れ替え不可能性をつくり出すこともできません。「ホームベース」をつくることは、偶発性に抗って「決断」することと同義です。必要な「決断」を「必然性信仰」によってスポイルするのは、論理的に間違いです。こうした袋小路に入り込んだひとが多すぎます。
(中略)

 人生の必然性は自らつくっていくものであって、そのためにはどこかで必然性にとらわれない決断を下すほかない。だから逆に、いちど決断したからといって、それに囚われる必要もないはずなんです。ダメだと思ったら他の選択肢に切り替えればいいし、なんどもトライアンドエラーを繰り返し、そこそこのところで「これが自分の人生だったんだ」と必然性の思考に切り替えればいい。というよりも、人間はそういう生き方しかできない。
(中略)
 そもそも子どもの誕生は、親にとっては本質的に偶然なはずです。いくら計画的に子どもをつくったと言っても、どの精子がどの卵子に受精するかなんてわからない。けれどもそれは子どもにとっては運命そのものです。子育てもまた、そのようなズレの積み重ねなんですよね。親が無意識に選択した行為が、子どもにとって必然になっていく。住居にしても学校にしても。
 そういう経験はとても貴重だと思いますね。
宮台
 テレクラ云々と言いましたが、ひとは「偶発性」にさらされるほど、「恣意性」を意識せざるをえなくなる。そして「恣意性」を意識せざるをえなくなると、動かない土台の上に自分を構築したがるひとほど「不安」になる。そして「不安」になるひとほど「必然性」を求めるようになります。
 『サブカルチャー神話解体』に書きましたが、ひとを過剰な偶発性にさらすアーキテクチャに強いられる形で、偶発性に免疫がないひとたちがそうなってしまっているだけの話です。僕的に言えば、「必然性信仰」は、偶発性に免疫性がないことを示すヘタレの証です。要は、なにもかも偶発的でいいんです。なにもかも適当でいいんですよ。
(以下略)


お二人はパートナー選択について話しておられますが、同様に、職業選択、いわゆる「天職を見つけること」「自分らしい仕事探し」においても現代の日本人が陥りがちな「信仰」なのではないかと思いました。

つまり、実は一部の特別な職業、特別な才能のある人を除いて、殆どの普通の人々は「代替可能な」労働力でしかなく、そんな普通の私たちは「関係の履歴によって入れ替え不可能性を」作ることによってしか「天職」「自分らしい仕事」は見つけられないのではないでしょうか。「必然性」に囚われず自分で「決断」して選択すること、そして最後に「必然性思考に切り替える」ことで結果として「これが自分の仕事なんだ」と納得する。本来、「天職」とは、そして人生(「自分らしい生き方」探し)とは、そういうものなのではないかと思いました。

そして私が最も印象に残ったのが東さんによる前書きの一節です。
「父として、つまりは子どもという他者の生に全的に責任を負う存在としてあらためて対峙してみると、もはや抽象的な思想や問題について言葉を交わすことそのものが空疎に感じられるようになった。皮肉でしかないが、それこそがもしかしたら、『父として考える』と題されたこの対談集の核心の結論なのかもしれない」(pp8-9)

東さんのような職業の方がこう告白するのは、とても勇気のいることではないでしょうか。正直な方だなと、この部分でとても好感を持ちました。

すぐによーへーさんにお薦めして彼も先日読了。内容についていろいろな話をしたら、共通認識もあり、お互いの理解の仕方や感想が違いもあり、なかなか面白い会話がもてました。
[PR]
by osorae | 2010-09-11 05:21 | 私の読書日記 | Trackback | Comments(0)

そらちんが書いた数字

先日、夕御飯のあとに何やら熱心に書いていたそらちん。

「お母さん、そらちん、数字書けるようになったよ!見て~!」と見せてくれたのがこれ。
e0111365_61748.jpg


おお~、ちょっとゆがんでいるところが、またいい味出してるじゃないですか(教えてないので書き順もむちゃくちゃでしたが)。

「すご~い!いつの間にこんなに上手に書けるようになったの??」と驚くと「そらちん、練習したもん!」と嬉しそうでした。

こうやって、いつの間にか勝手に成長いくのね~と思った夜でした。
[PR]
by osorae | 2010-09-10 05:47 | そらちん成長記録 | Trackback | Comments(0)

ご報告

昨日のたいちゃん誕生の幸せなニュースに便乗(?)して、この機会にご報告させていただきます。

このたび、私たちも2人目の子どもを授かりました。
そらちんも来春に「おねえちゃん」になる予定です。

予定日は3月1日。昨日で15週になりました。

7月上旬に妊娠がわかり、そらちんにはその月末、ホテルステイをした夜に夕食を食べながら話しました。

そらちんは、何だか神妙な顔で聞いていましたが、すぐに赤ちゃんに「イチゴちゃん」と名前をつけ(「男の子だったら?」と聞くと「イチゴくん!」だそうです)、以来、何かと「イチゴちゃん生まれたらねえ、・・・・」と話し、楽しみにしていてくれるようです。

保育園のお友達や先生にもすぐに報告したようで、翌朝「お母さん、妊娠されたんですか?そらちんが皆に話してくれました」と言われてびっくりしました(まだ安定期にも入ってない時に・・・)。飯田のおばあちゃん(私の母)にも帰省した時に「イチゴちゃん生まれるの。3月!」とそらちんから報告してくれました。

私の方は、そらちんの時と同様、ずっとつわりらしいつわりもなく食欲も体調もほぼいつも通り。そのせいかいまだ妊婦の自覚が足りず、駅までダッシュしたりして「あ、いけない」と思ったりすることしばしばです。ただ、最近とても疲れやすい気がするのですが、これは果たして妊娠のせいなのか、猛暑のせいなのか・・・。まあ、そらちんの時はちょうど仕事をしておらず予備校に行くくらいだったので、それに比べたら仕事をしている今は疲れやすいのは当然なのでしょう。

職場にも早めに報告しました。

今の職場は法人ではなく個人の事業所で、職場の状況から現実的に産前産後・育児休業取得は難しいかな、と退職も覚悟していました(実際、私の前任者までは結婚か出産を機に退職されていたそうです)。しかし、予想外に産後も戻ってきてほしいと言っていただき、ありがたい限りです。

一方で、育児休業をどのくらい取らせてもらえるかまだ未定で、保育園やよーへーさんの方の育休取得可能時期との兼ね合いでいつ復帰できるか、子どもが2人になって今の勤務時間・通勤時間でやっていけるのかなどなど、いろいろと考えなくてはならないことがあります。私にとっても家族にとっても職場にとってもベストの選択ができるよう、これから相談していくつもりです。

4年ぶりの妊娠、そして40歳での出産となりますが、不安はなく、今はただただ嬉しく、このまま無事に育って元気に生まれてきてくれますようにと願う毎日です。体調管理に気をつけながら、久しぶりの妊婦生活を楽しみたいと思います。
[PR]
by osorae | 2010-09-08 05:25 | 想い | Trackback | Comments(8)

幸せなニュース

そらちんも心待ちにしていた、お友達ポンすけさんの妹「たいちゃん」が、6日朝、無事に誕生されたそうです。おめでとうございます!

今朝hiroさんのブログで知った私、起きてきたそらちんとよーへーさんにも早速報告し、一緒に生まれたばかりのたいちゃんの写真を見ました。

そらちんはニコニコしながらしばらく写真を見つめていましたが、「○○ちゃん、今日もお休みかもしれへんで。たいちゃん、かわいいもん。ずっと一緒におるかもわからん」なんて言っていました。
登園すると、もうポンすけさんが来ていて、私とそらちんに駆け寄り「赤ちゃん、生まれた!今は病院にいるの」と教えてくれました。

朝から幸せなニュースを受け取り、我が家もみんな幸せな気持ちで一日が始まりました。
そらちん、早くも「たいちゃんも保育園に来る?」「たいちゃんに会いに行きたい~」と言っています。落ち着かれた頃に会いに行こうねと話しています。
[PR]
by osorae | 2010-09-07 09:01 | 保育園 | Trackback | Comments(0)

8月の絵本

8月は暑かったからか、振り返ると私一人では毎週図書館に行っていたものの、そらちんと一緒には全く行っておらず、絵本を借りた記憶がありません。1〜2冊は借りてたかな???

8月のそらちんは、家にある絵本、そして保育園から持ち帰ったひかりのくに株式会社の月刊絵本「エースひかりのくに」をひたすら繰り返し読んでいました。
e0111365_1821244.jpg


この月刊絵本は幼児組になった4月から保育園で3歳児クラス全員が購読しており、毎月末に家に持ち帰ってきます。毎号季節のテーマにそったクイズや迷路などのゲーム、シールを貼るページや、短いおはなしなどが載っています。

毎晩寝る前に4月号から7月号のうちのいずれか3冊をそらちんと一緒に読んだので、もうクイズの答えも丸覚え。短いおはなしも丸覚え。それでもそらちんは昨晩もまた「読んで〜」なのでした。

さて、9月はまたそらちんと一緒に図書館通いをしようかな、と思っているのですが、まだまだ涼しくなりませんねえ。5日の日曜日は久しぶりに一緒に行って一冊だけ絵本を借りてきました。
[PR]
by osorae | 2010-09-05 23:59 | 絵本の記録 | Trackback | Comments(0)

そらちんの収納スペース

土曜日にIKEAで購入したのはTROFAST収納コンビネーション

2LDKの賃貸住まいの我が家には「子ども部屋」はなく、寝室も三人一緒。そらちんの洋服類は寝室の備え付けのクローゼットの一部の低い位置を利用し、絵本はリビングの本棚やマガジンラック、おもちゃ類も箱や大きな布袋などに入れてリビングに置いていました。

今回、ベッド横のスペースに新しい収納家具を置き「そらちんの場所」に。
e0111365_15553296.jpg
お片づけしやすいようにそらちんと一緒にラベルを貼りました。
e0111365_15545629.jpg
(一番下の赤いボックスは「おままごと」)

これを機会におもちゃ類は最近よく使っているものだけを厳選。それ以外のものはまとめて収納ケースに入れて別の場所へ。今後、そらちんの成長や季節、その時々のそらちんの「ブーム」に合わせて入れ替えるようにしようと思います。
e0111365_15562074.jpg
上に載せたカゴは、そらちんが赤ちゃんの時から布おむつ、お尻ふき、ベビーオイルなどを入れてベッド脇に置いていたもの。今はそらちん用の乳液・日焼け止めや、体温計、ヘアブラシ、爪切り、綿棒などが入れてあります。

さらに、よーへーさんにフックを付けてもらい、保育園のリュックがかけられるようにしました。岡本のhangerさんで買ってきた小鳥さんのフックです。
e0111365_17553313.jpg
e0111365_17555330.jpg
今まではリビングのソファーの上に置いていたリュック。これでお片づけの定位置ができました。

そらちんの洋服類が入っているクローゼットはこの右側壁面です。こちらは以前からラベルを貼ってそらちんが自分で出し入れしていましたが、今回さらに出し入れしやすいように少し整理。クリアケースは上が「うわぎ、シャツ」下が「ズボン」、下のカゴ2段には下着、靴下と、ハンカチ、タオル、パジャマなどを入れています。
e0111365_15555682.jpg


スペースの都合上、絵本は一緒に置けないのでこれまで通りリビングへ。だいぶ増えてきて納まりきらなくなっているので、現在使っているマガジンラックと同じ物をひとつ増やすことにしました。こちらも数年前にhangerさんで購入した物です(店舗に現品がなかったため、本日取り寄せをお願いしました)。
e0111365_16182077.jpg
e0111365_16183450.jpg

フレームだけのシンプルな造りで、上からでも前からでも出し入れでき、そらちんにも使いやすく重宝しています(この他に、小さなサイズの絵本はリビングの本棚の一番下、そらちんの手が届く位置に入れています。本当は全部まとめて収納したいのですが・・・)。

まだまだ改善の余地ありそうですが、かなりすっきりして快適になりました。これからもそらちんとも相談しながらより使いやすくしていきたいと思います。
[PR]
by osorae | 2010-09-05 17:58 | 暮らしのあれこれ | Trackback | Comments(0)

第8地点通過

ご近所のレストラン「世界のごちそうパレルモ」さんで開催中の「世界のごちそうアースマラソン」。

お店の夏休みもあり久しぶりのアースマラソン参戦。第8地点を通過してきました。

ちなみにパレルモさん、先日「美味しい店 神戸の101軒」に選ばれたそうです!おめでとうございます。

まずは本日のスープ、ブロッコリーのポタージュ。
e0111365_21195259.jpg

相変わらず、美味しい。そらちん、パレルモさんで頂くポタージュスープが大好き。私が家でいろいろなポタージュスープにトライしても、ここまでたくさん食べてくれなくて、いつもがっかりするのです。ここに来るたびに頑張って美味しいスープが作れるようになりたいと思います。違いはスパイスと出汁・ブイヨンかなあ。

前菜にトルコのゼイティンヤール(キャベツの冷製前菜)とレバノンのホンモス(ひよこ豆のペースト)。
e0111365_2121915.jpg
e0111365_21205223.jpg
キャベツの中にはご飯が詰めてあります。どちらもあっさり、ヘルシーな感じ。私はひよこ豆ペースト大好き。一見簡単そうなので家でも作ってみたいですが、やはりスパイスが決め手なんでしょうね。

トルコのイズミール・キョフテス(イズミール風肉だんご)
e0111365_21202523.jpg
トマトソースでシンプルな味付け。あまりスパイスは効いておらず、誰にでも好まれそう。

アルメニアのアミチェ(ご飯の若鶏オーブン詰め)
e0111365_21201492.jpg
スパイスとレーズンで甘みのあるおこわのようなご飯が詰まったジューシーな若鶏。かなりボリュームがありました。

シリアのオクラ&マトンシチュー(オクラと羊のトマト煮込み)と白ごまのナン
e0111365_2120495.jpg
こちらは、いかにもマトン!という羊肉の香りの強い一品でした。マトンが苦手な方は無理でしょう。よーへーさんはこれが今回1番のお気に入りでした。そして、そらちんも。私もマトンは嫌いではありませんが、しかし、そらちん、やはり天性の肉好きなんだなあと思いました。

そして最後にマンゴープリンをデザートに頂き(最後に写真撮り忘れ!)、今回も全て完食。ごちそうさまでした!

次回から中東の国々を離れ、ヨーロッパ方面へ向かいます。楽しみです。

(メニューの詳細はアースマラソンのブログでどうぞ)
[PR]
by osorae | 2010-09-04 23:59 | おいしいもの | Trackback | Comments(0)

IKEAと六甲山牧場へ

何の予定もない週末。
暑いし〜、どうする〜?何する〜?と話していた土曜日の朝。

急遽思い立ってレンタカーを借り、ポートアイランドのIKEA神戸へ。

最近、おもちゃや保育園から持ち帰る制作物、家で作ったおりがみやお絵描きなど、そらちんの物がどんどん増えてきて、お片づけして!といいつつ片付ける場所もここと決めてあげられず・・・。とりあえずここに入れる、とりあえずここにまとめて置く、の繰り返し。ず〜っと、これが私のストレスでした。

で、IKEAでそらちん用の収納家具を物色。いろいろ見ましたが、スペースの都合とそらちんが自分で片付けしやすい物、ということで、以前からカタログを見て「これかなあ」と言っていたものに決めました。

ランチを済ませ、他にもリネン類などを購入し、お買い物終了。時間は午後1時半。せっかく車を借りたのでどこか行こうか、とそれから六甲山牧場へ向かいました。

もちろん、涼しいことを期待して行ったのですが・・・。暑い。
ここまで高い場所まで来たのにっ!と憤りたくなる程、暑い。

もちろん、日中の一番暑い時間帯ではありましたが、下界と変わらぬ暑さ。暑さのためか羊も馬も何も放牧されておらず閑散とした牧場。小屋にいる馬や子牛、やぎを何頭か見て、早々に帰路につきました。

2年前の9月に行った時は、もっと風がさわやかだったような気がするのですが、やはり今年は異常な暑さなのですね。

夕方4時半頃帰宅。
さっそく買ってきた収納家具を組み立て、そらちんと相談しながらお片づけ。ついでにクローゼットのそらちんの服が入っている部分も、そらちんの意見を聞きながら少し整理して使いやすくしました(後ほど別記事でご紹介します)。

これでお部屋も私の気持ちもスッキリ!これで私の日々のストレスひとつ軽減です。

思い立ってお出かけしたおかげで、充実した土曜日になりました。
[PR]
by osorae | 2010-09-04 23:59 | 家族でおでかけ | Trackback | Comments(0)

私(りか)と夫よーへーさん、娘のそらちん&おはるの四人家族。そのどうってことのない日々のあれこれ。


by osorae